TRPGとは

アフィリエイト

RPGというと、ドラゴンクエストやファイナルファンタジー辺りを思い浮かべて、どんなゲームかイメージできますよね。

では、TRPGというと、どんなゲームを思い浮かべますか?

Tactical-RPGということで、ファイヤーエムブレム辺りと言い出す人は、ただのひねくれものです。(あ、ブーメラン…)

TRPGは、Table-Talk RPGの略で、机上でプレイするアナログゲームの一つです。

ルールブックに記載されたルールに従って、人間同士の会話で物語を遊ぶ、知的なごっこ遊び。

ゲームマスターによる進行で、ゲームマスターの用意したシナリオに従いながらも、プレイヤー次第でどのような物語にもなります。

TRPGやボードゲームならコノス

TRPGとRPGの違い

TRPGと聞いて、RPGとどう違うのか、と疑問に思った人もいるかもしれませんね。

RPG、所謂コンピュータRPGは、元々はTRPGのゲームマスターの役割をコンピュータに肩代わりさせ、一人で遊べるようにしたものでした。

コンピュータRPGでは、基本的にプレイヤーは一人で遊びますし、予めプログラムされたシナリオの範囲内でしか行動が出来ません。

TRPGでは、原則的にプレイヤーはどんな行動宣言でもできるので(それが可能かどうかはGMとダイス次第)、無限の自由度があります。

極端な話、ゲームマスターが用意したシナリオから逸脱して、アドリブで完全に別のシナリオを遊んでしまったという話も聞きます。

剣と魔法の世界?

RPGや、TRPGというと、よく剣と魔法の世界のファンタジーを思い浮かべますよね。

でも、コンピュータRPGでも、現代劇やSFものがあるように、TRPGでも、その世界観は多種多様です。

それでも、剣と魔法の世界は、昔から人気のジャンルです。

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」や、「ソードワールドRPG」等、現在のファンタジー創作のベースとなる世界観を形作ってきています。

特に、「ソードワールドRPG」は、日本のファンタジー感に強く影響を与え、同じ世界を舞台にしたメディアミックス作品として、「ロードス島戦記」や、「クリスタニア」、「魔法戦士リウイ」といった関連作品があります。

TRPG基本ルールブックはこちら

世界観は多種多様

TRPGの世界観は、剣と魔法に限っている訳ではありません。

基本は、ごっこ遊びなので、どんな物語でも可能です。

恒星間宇宙を冒険するSFファンタジーや、クトゥルフ神話といったものも人気があるし、既存のマンガやラノベの世界観をそのまま使ったりもします。

脱出ゲームを再現したシナリオも作れたりと、工夫次第で無限に楽しめる可能性を秘めています。

TRPG基本ルールブックはこちら

TRPGのシナリオ集はこちら

何が必要?

TRPGに必要なものをまとめると、下記のようになります。

  • ルールブック
  • シナリオ
  • ダイス
  • 筆記用具
  • 経験者
ルールブック

まず、ルールブックは必須です。
ルールブックを一通り把握していたとしても、メンバー全員が把握しているとは限りません。
公正なプレイをするには、ルールブックを参照する必要があるので、ルールブックは必須です。

TRPG基本ルールブックはこちら

シナリオ

ゲームプレイに際し、シナリオも用意しておかなければなりません。
シナリオは、ゲームマスターの自作でもいいのですが、難しければシナリオ集を使うといいでしょう。
ルールブック同様に、書店等で購入できます。

TRPGのシナリオ集はこちら

ダイス

基本的に、TRPGで宣言された行動は、その成否をダイスで判定することになります。
LARPのようなイベントでは、じゃんけんで済ますなんてこともありますが、キャラクターのステータス値にダイスを足した数値で、成功失敗の判断や、イベントの発生を決定します。

少し凝ったオリジナルダイスはこちら

オリジナルダイスケースにこだわってみよう

ダイストレイで快適なセッション

筆記用具

プレイヤーが操るキャラクターには、ステータス値など、色々な情報があります。
キャラクターシートで、管理するのですが、それの書き換え等、筆記用具が必要になります。
メモが必要になることもあるので、筆記用具は必須です。

ゲーム雑貨・小物はこちら

経験者

半分、冗談ですが、とにかくメンバーが必要ですね。
身の回りにTRPGに興味のある人がいれば、誘ってプレイしてみるのもいいでしょう。
でも、初心者だけで、いきなりプレイすると、なかなかうまく進行できず、盛り上がらなかったりします。
経験者がいると、本当に心強いですよ。

身近にTRPGをする相手がいなければ、TRPG関連のイベントか、TRPGを扱うゲームスペースに参加するといいでしょう。

ゲームマスターの役割

TRPGをするときに、重要な役割を果たすのがゲームマスター。

ゲームマスターなしでは、TRPGは成立せず、ゲームマスターこそ、TRPGの醍醐味と言ってもいいでしょう。

ゲームマスターは、以下のような役割を果たします。

ゲームの準備

ゲームマスターは、物語の流れとなるシナリオを用意します。
これは、自作の物を用意してきてもいいし、市販のシナリオ集を使ってもいいでしょう。
慣れないうちは、シナリオ集でコツを覚えるのがオススメ。
さらに、シナリオに合わせて、モンスターなどの適役や、NPC、マップなども用意しておきます。

TRPGのシナリオ集はこちら

ゲームの進行

準備したシナリオを元に、プレイヤーに状況などを説明して、シナリオの進行を進めます。
NPC(プレイヤーの操作しないキャラクター)は、全てゲームマスターの役どころです。
シナリオやルールに基づいて、プレイヤーキャラクターの行動に対応し、必要ならプレイヤーを誘導します。
プレイヤーが想定外の行動をとった場合は、アドリブで柔軟に対応しましょう。
想定外の事態は、シナリオの意外な面白さを引き出すことがあります。
シナリオに固執することなく、柔軟に対応でかが、ゲームマスターの腕の見せ所。
各プレイヤーへの配慮を忘れず、全プレイヤーに公平であるようにシナリオを信仰しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました