カムカムエブリバディ 3代目登場

朝の連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」。

最初からというか、所々しか観ていないので、分かったように書くとボロが出そうで怖いのですが…

戦後から始まる女性の三代記。ついに三代目の主人公が登場しましたね。

先週の終わり方で、色々と気になっていたことがあったのですが、いきなり年代が変わっていてびっくり。

ルイが倒れて、妊娠が発覚。イチコの結婚式用の大量受注は無事に納品できたのか?

身重のルイに代わって、ジョーが回転焼きを焼くのだろうかとか、ジョーの焼いた回転焼きが、舌の肥えたイチコに受け入れられるのかとか、そもそもジョーはダメ亭主を卒業できるのかとか・・・

そんな展開を妄想していたのですがね。

いろいろと問題を残したまま、年代ジャンプしちゃいましたよ。

ジョーは、自転車に乗れるようになったから、OKということかな。

ルイは、まだ回転焼きを焼けないほど身重でもないから、こちらもクリアってこと?

まぁ、とりあえず、年代が変わったということなんですが。

年代が飛んだ後でも、気になる所はあるもので・・・

ルイの娘と、イチコの娘。話しぶりからして、同級生のようだけど…

イチコが結婚する前からルイが懐妊しています。イチコが結婚後、すぐに懐妊すればありえなくもないのですが…

イチコ、出来婚か?

なんて、しょうもないことをツッコミながら観ています。

コメント

  1. stpine2 より:

    ルイの名前の由来が、ルイ=アームストロングというのも、最初に聞いて、即座にツッコんだネタです。
    女の子に、男性の名前が由来って・・・
    これは、時代感覚のずれなんですが、ルイ=アームストロングというと、思い浮かぶのは、「What’s a Wonderful World」。
    あの、野太く、力強くも優しい、歌声を思い浮かべてしまいました。
    …まぁ、劇中の時代は、もっと若いころになるはずなので、的外れなのは承知なのですが。

タイトルとURLをコピーしました