お年玉の相場 いつまで渡す?

トレンド

知人から、お年玉って幾らくらい包むかと相談を受けたので、同じような悩みの人がいるのではないかと、記事にします。

親戚間で、お年玉の取り決めをしておきましょう

自分の子供だけでなく、甥や姪にもお年玉を渡すことになるでしょう。

年始の挨拶に来た子供たちに、お年玉を幾ら包もうか迷うこともあるのではないでしょうか。

他の親戚よりも、著しく少ない額だと、恥ずかしいし、だからと言って高い金額を包むのも相手の親が負担に思うことも考えられます。

不公平感をなくすためにも、予め、親戚間でお年玉の金額を取り決めておくといいでしょう。

小学生、中学生、高校生…といった具合に、段階を決めて、金額を設定しておけば、子供たちにも不公平感はなくせるし、親同士でも分かりやすくて、変に金額の探り合いをしなくて済みます。

お年玉の相場

お年玉に包む金額は、基本的には入れたい額を入れればいいし、自分の子供なら教育方針等を踏まえた金額を包めばいいと思います。

でも、特に指針がないと、幾ら包んだらいいか分からないですよね。
そこで、世間一般の相場を、下に記します。

未就学児千円以下から2千円くらい
小学生低学年千円から2千円くらい
小学生高学年3千円から5千円くらい
中学生5千円くらい
高校生5千円から1万円くらい
大学生1万円

未就学児なら、現金よりも図書カードや、その子の興味を示すようなカード類を入れた方が、実感があって喜ぶかもしれませんね。

大学生は、もう子供じゃないのだからと、1万円も入れることがおおいですが、子供じゃないのだからお年玉を渡す対象から外すこともあります。

いつまで渡す?

お年玉をいつまで渡すかというのも迷いますよね。

自分はもう大人だと思っているのに、お年玉を渡されると、少し困ってしまいますよね。
逆に、もらえなくてがっかりということもありますよね。

一般的に、高校生まではお年玉を渡すという意見が多いようです。

また、学生の内は子供として扱う傾向もあり、大学卒業まではお年玉を渡すという意見も少なくありません。

成人したらもう大人として、お年玉を渡す対象から外すという考え方もあります。成人式の前の正月に、これが最後のお年玉だよと伝えて、大人の自覚を促すのもいい切り上げ方ではないでしょうか。

社会人として勤めだしたら、大人として認め、お年玉の対象から外すという考え方もあります。
ただ、勤めだすタイミングは、人それぞれなので、不公平感が出ないように気を付けた方がいいかもしれません。

目上の人には、お年玉ではなく、ご祝儀

定年を過ぎて、もう働いていない親御さんに、お年玉をあげたいと思う方もいるかもしれませんね。また、祖父母に渡したいなんていうこともあるでしょう。

でも、気を付けて。
お年玉は、目上の人から目下の人へ渡すものです。
目下の人が目上の人に渡すのは失礼にあたり、「何様のつもりだ、偉そうに」と、反感を買う恐れもあります。避けた方がいいでしょう。

目上の人、例えば上司や先輩の子供に渡す時も、その上司や先輩に対して、礼儀を失する恐れがあるので気を付けましょう。

まぁ、大概は、気にしていなかったり、好意だからと察してくれたり、そもそも知らなかったりするものですけどね。

目上の人には、お年玉を渡すのではなく、ご祝儀を渡すものです。

ポチ袋を避けて、御祝儀袋に「年賀」とか「ご祝儀」と書いて渡すと、礼儀に適った形で渡すことが出来ます。

目上の人にも、「分かっているじゃないか」と、好印象を与えることが出来るかもしれませんね。

また、もう子供じゃないような年ごろの子にも、「お年玉」ではなく、「ご祝儀」として渡すことで、相手の立場を損ねることなく、渡せます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました